ビークレンズ

ビークレンズ【原材料】黒汁とはどう違うのか比較してみた

ビークレンズ原材料Kurojiru黒汁との違いを比較

今人気のビークレンズ(B-CLEANSE)

腸活ダイエットサプリですが、粉末で水に溶かすと真っ黒なドリンクになります。

見た目だけでもインパクトがあってすごく効きそうですよね。

チャコール(炭)が配合されていてコンブチャとともに海外で爆発的人気になり、最近日本でも話題になっているダイエットサプリです。

チャコールダイエット比較ビークレンズ黒汁

同じようなサプリで「kurojiru(黒汁)」があります。

どこが違うのでしょうか。

どっちがダイエットに効果的なのか?

美容や健康にいいのか。

原材料を分析して調べてみました

\公式サイトで実質無料送料500円キャンペーン中/
ビークレンズ

 

ビークレンズの原材料

ビークレンズの成分表示

ビークレンズの成分表示です

発酵紅茶というのが、コンブチャのことです。

この表示があるかないかで大きく違ってきます。

発酵紅茶エキスを配合しているのが、本物のKOMBUCHA(コンブチャ)サプリであるということです。

ビークレンズ全成分表コンブチャ入り

ビークレンズと黒汁の原材料の違い

ビークレンズと黒汁の違いを表にまとめました
ビークレンズ 黒汁
炭の種類 ヤシ殼活性炭
赤松炭
竹炭
ヤシ殼活性炭
赤松炭
炭末色素
コンブチャ 発酵紅茶エキス配合
乳酸菌 乳酸菌
酪酸菌
2種の乳酸菌
美容サポート成分 プロテオグリカン
プラセンタ
ヒアルロン酸
スリムサポート成分 黒ショウガ
L-カルニチン
ギムネマ
9種類の黒成分(発酵黒ショウガ・黒ジャバラ・黒スグリ・黒大豆きな粉・黒酢・黒にんにく・黒高麗人参・黒ハチミツ・黒チアシード)
その他成分 葉酸
マグネシウム
ビタミンE
果物発酵エキス

 

チャコール(炭)の違い

ビークレンズと黒汁にはどちらも3種類のチャコールが配合されています。

ヤシ殼活性炭と赤松炭はどちらにも配合さていますが、3つ目のチャコールが違います。

ビークレンズには竹炭が、黒汁には炭末色素が配合されています。

竹炭:腸内フローラを整え腸内環境を穏やかにします。不要物をきれいにしてくれる掃除屋です

炭末色素:もみ殻由来の炭で、サイズの違う吸着孔を実現するため配合されています

その他ビークレンズと黒汁の配合成分の違い

とても大切な成分で、ビークレンズには配合されているのに、黒汁には入っていないものがあります。

発酵紅茶エキス配合(コンブチャ)

酪酸菌

プロテオグリカン

プラセンタ

ヒアルロン酸

L-カルニチン

ギムネマ

葉酸

マグネシウム

ビタミンE

黒汁にはコンブチャが入っていないし、その他のダイエット・美容成分もほとんど配合されていないのね

ビークレンズの配合成分の詳しい内容はこちらの記事でも詳しくまとめています。

ビークレンズ には危ない副作用をおこす成分は含まれていないのか
ビークレンズ【副作用】は大丈夫?成分は炭とコンブチャと何が入っている?海外セレブの間で人気、チャコール(炭)とコンブチャを用いた腸活サプリメント、ビークレンズ。非常に人気があり入手困難な時もあるようです。副作用や成分の安全性は大丈夫なのでしょうか。みのりのみ(アクア)の健康食品。初回実質無料送料500円はかなりお得なキャンペーンですね。100円キャンペーンをやっている時もあります。...

ビークレンズと黒汁の価格の違い

 

ビークレンズ 黒汁
定価 8640円(税抜) 7450円(税抜)
定期購入初回 500円(税抜) 1960円(税抜)
定期購入2回目以降 6480円(税抜) 5960円(税抜)
定期縛り 5回 4回
発送方法 ポスト投函 ポスト投函

 

それぞれ定期購入で5回買った場合の値段を計算してみましょう。

ビークレンズ:26420円

500+6480×4 = 26420円

黒汁:25800円

1960+5960×4 = 25800円

定期購入で5回買った場合の値段はビークレンズも黒汁もほとんど同じね

ビークレンズの方が、数百円高いわけですが、配合されている成分の違いを見ればビークレンズが圧倒的に魅力的!

多角的な美容・ダイエットサポートが考えられた成分配合であるとわかりますね。

 

\公式サイトで実質無料送料500円キャンペーン中/
ビークレンズ